タイトル上広告

ホーカーラーメン店の双璧「豚金ラーメン」vs「高木ラーメン」

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
シンガポール情報はここから

ホーカーラーメン店の双璧「豚金」vs「高木ラーメン」

シンガポーリアンにも人気の日本の国民食「ラーメン」。
この国にも多くの日本の有名ラーメン店が進出しており、日本の地方よりもよっぽどお目にかかる機会が多いように思う。
日本の名店の味をシンガポールで味わえるのはありがたくもある一方、海外でラーメンを食べるという特別感があまりないのがちょっと…というのは贅沢な悩みかもしれない。
さて、これだけラーメンが人気になると、日系もしくはそのフランチャイズだけではなく、ローカライズされたラーメン店も見かけるようになってきた。
ホーカーセンターに「Ramen」の看板を見かけることも多いが、味は微妙な店がほとんどだ。
そんななかでも日本人の間でも評価を得ているローカルラーメン店がある。
Beauty Worldの「豚金」とAng Mo Kioに本店のあるの「高木ラーメン」だ。
いずれの店も、いつもローカル客で混雑しており、日本人を見かけることもある人気店だ。
今回はシンガポールのホーカーラーメン店の双璧「豚金ラーメン」と「高木ラーメン」を紹介する備忘録。

Beauty World「豚金(Buta Kin)」


MRTダウンタウンラインのBeauty World駅そばにある「Beauty World Food Centre」に「豚金」。
ラーメンの専門店というわけではなく、うどんやカレーライスなども取り扱っている。
「Beauty World Food Centre」は最近は小綺麗なホーカーやフードコートが増えてきたシンガポールにおいて、未だに「古き良き趣」を保っているホーカーだ。
また、少し油断すると、すぐに残飯を狙う鳥におかずを持って行かれてしまう。
この油断と隙も許されない環境がたまらない。

ラーメンは全て豚骨で、「Tonkotsu Original Ramen」はなんと破格のS$5(約400円)となっている。
シンガポールにおいて日系ラーメン店は安くてもS$15~20程度ということを考えると、凄まじい価格だ。
一番人気の「Special Tonkotsu Ramen」でもS$6.9(約550円)と懐に優しい価格設定となっている。
替え玉はS$1でお好みでトッピングや麺をうどんにすることも可能だ。
豚骨うどんなど、日本でもなかなかお目にかかれない。

今回注文したのは「Special Tonkotsu Ramen」。
ローカルラーメンのご多分に漏れず、スープが多少ぬるいが、味はあっさり目でちゃんと豚骨している。
また、バーナーであぶられたチャーシューはジューシーでボリュームも十分。
麺は細麺で少々柔らかめ。
値段を考えれば十分なクオリティだ。

店舗情報

Buta Kin
Address : #04-28, 144 Upper Bukit Timah Rd, Singapore 588177
Url : https://www.facebook.com/butakin1214

AMK、NUS、Jurongに3店舗の人気店「高木ラーメン(Takagi Ramen)」


「高木ラーメン」は日本人の間でも人気で、ブログに取り上げられることも多い店だ。
本店はAng Mo Kioにあり、他にJurongとNusに支店がある。
今回はJuorngの店舗を訪れてみた。
MRT Lakeside駅から徒歩5分程度、「Lakeshore Condominium」の裏手に店はある。
最近できた店舗で、店内にはカウンター席とテーブル席があり、店前にもテーブルがある。


店に入るとBGMにB’zの「Love Phantom」が流れており、思わず懐かしさに泣きそうになった。
店は綺麗で、奥のカウンターで注文し、レシートに記載された番号を呼ばれるまで席で待つシステムだ。

一番人気の「Takagi Ramen」はS$5.9(約470円)で、これまたハイコストパフォーマンス。
替え玉も1玉までは無料となっており、食いしん坊にも優しいサービスとなっている。
この店の豚骨スープはオーストラリア産の豚骨をセントラルキッチンで12時間煮込んだ本格派だ。
今回は「Chashu-men(S$7.5)」を注文した。

ラーメンが来るまでの間、自由に食べられる高菜を摘まんでいたのだか、これが意外と旨い。
ピリ辛だが、塩味がちょうど良く箸が進む。ビールが欲しくなってしまった。

さて肝心のスープはやはり多少ぬるいが、あっさり目の豚骨でなかなか旨い。
脂もそれほどきつくない。
こってり系が好きな人にも物足りないかも知れないが、そのあたりは好みの問題かなと思う。

麺は中太で少し平麺っぽくなっていて、ボリュームもある。
チャーシューもクセがなく、柔らかい仕上がりだ。
値段を考えれば十分なクオリティで満足度は高い。

店舗情報

Takagi Ramen (Jurong店)
Address : #01-452, 498 Jurong West Street 41, Singapore 640498 (他2店舗)
Url : https://www.facebook.com/TakagiRamenShop

ホーカーラーメンについて

シンガポールでも本格的なローカルラーメンをホーカーでも食べられるようになってきた。
紹介したように味も悪くはないし、何よりも安いのが嬉しい。
ただ、遠くから手間をかけてまで食べにいくほどかというと、少し微妙と言うのが本音だ。
近くに店があったり、何かのついでに寄っていく程度であれば問題無いと思うが。
あまり期待値を上げていくのも良くないように思う。
「旨いラーメン」が食べたいのであれば、そこはやはり日系のラーメン店をおすすめする。

関連コンテンツ