スポンサーリンク

ジョホールバルからシンガポールへの移動方法

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

スポンサーリンク

ジョホールバルからシンガポールへの移動方法

マレーシアからの出国

ここではCity Square側からマレーシアの出国イミグレに向かうルートを例に紹介する。


City Squareとイミグレは接続しており、途中に「Woodlands」の看板あるのでそれに沿って歩こう。


そうすると入国時通った大きなロビーに到着する。

さらに看板に従って歩くと、マレーシア側の出国イミグレに到着する。
「ALL PASPORT」の列に並び、パスポート、そしてシンガポール在住のIDホルダーであるならばIDも一緒に提出しよう。
ここでも人先指のスキャンがある場合があるので、指示に従おう。

抜けてたところで税関があるが基本的にノーチェックなので緑のゲートをくぐって先に進む。

ひたすら道なりに進み、エスカレーターを降りると、バス乗り場に到着する。


このバス乗り場の置くに「160」「170」という看板があるので、そこに並ぼう。
どちらも国境の橋を渡るだけなのでどちらに乗ってもOKだ。


ここは混雑しがちで、列がコンビニの前まで延びていることが多いので注意しよう。
さて、このバスに乗れば今度はシンガポールに向けて国境の橋を渡ることになる。
端末にEZ-LINKカード、もしくはCEPASカードをタップしてバスに乗車する。

シンガポールへの入国

橋を越え、バスを降車し、シンガポールの入国イミグレに向かう。
荷物は全て持って降車するのを忘れずに。


そしてパスの降車所周辺で、抜き打ち的な手荷物検査をしているので、呼ばれたら従うこと。
荷物のX線チェックなどが行われる。
大きな荷物なども携えていると、声をかけられてしまうことが多い。

降車場の先のエスカレーターを昇ると、今度はシンガポール入国のためのイミグレだ。


旅行者の場合、列に並ぶ前にシンガポールの入国カードを準備しよう。
イミグレ入り口の右側に紙とペンがある。
記入方法はこのページを参照のこと。
シンガポール居住者でIDを持っている場合は不要だ。

「ALL PASSPORT」の列に並び、パスポートと入国カード(もしくはID)を提示する。
ここでも指紋のスキャンがあることが多い。
係官から入国カードから切り離された半券(出国カード)を受け取る。
これは次にシンガポールから出国する際に必要になるので、大事に保管すること。

イミグレを抜けると空港と同様のセキュリティチェックがある。


金属探知機に反応しそうなものは全てカバンにいれてしまおう。


荷物のX線チェックと身体の金属探知を終え、その先のエスカレーターを下りれば、バス乗り場だ。


950番のバスに乗車する。


もちろん端末にカードをタップしてバスに乗車すること。

道が空いていれば10分ほどでWoodlands駅の隣のMarsiling駅に到着する。

ここで下車して、あとはMRTの赤ライン経由で宿に戻ろう。

最後に

シンガポールとマレーシア間の出入国は1日1往復までなので注意すること。
また、シンガポール滞在ビザ延長目的の出入国は違法なので絶対しないこと。
これらを心して、国境を越えてもらいたい。
ジョホールからシンガポールに行く場合は前の記事を参照して欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました