タイトル上広告

珠玉のクラフトビールが並ぶビアバー「Druggists」

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
シンガポール情報はここから

珠玉のクラフトビールが並ぶビアバー「Druggists」

シンガポールには無数のブリュワリーがあり、世界各国のクラフトビールも楽しむことができる。
ビール好きにとってこの国は天国と言える。…酒税の高さを除けばだが。
さて、今回は豊富なクラフトビールの品揃えと、そのレベルの高さに定評のあるビアバー「Druggists」を紹介する。
ちょっと変わったビールが飲みたいときにうってつけの店だ。

https://www.facebook.com/DruggistsSG



「Druggists」はTyrwhitt Road沿い、ジャラン・ベサール・スタジアムの近くにあるビアバーだ。
「ティラミスヒーロー」の隣の店と言った方が分かり易いかも知れない。
「Druggists」とは「薬剤師」という意味なのだが、これは店舗が以前は「中藥公會」だったことに由来する。
昔ながらのシンガポールの建屋といった趣が面白い。


前述のようにシンガポールよりも日本で有名になってしまった「ティラミスヒーロ」が隣だ。
初めて「Druggists」に行ったときは、例のネコの看板に気を取られてしまい、ついつい通り過ぎてしまった。


バー方式の店なので、店内にあるカウンターで飲みたいビールを注文する。
ビールのメニューは日々入れ替わりで、この日はデンマークやオランダのIPAが中心だった。

超フレンドリーな店員さんに好みを伝えれば、お勧めのビールを教えてくれる。
この日はアメリカンペールエールで何か良いのがないか聞いたところ、「ARCTIC SUNSTONE」というデンマークのAPAを勧めてくれたので、それをいただくことにした。


ビールはワイングラスに注がれて出てくる。
苦みとフルーティーさのバランスが取れた素晴らしいビールだった。


店内に飾ってある看板に眺めながら、冷えたビールを頂く。


ワインや日本酒なども置いてあり、つまみのスナックやハンバーガーなどもある。
ビールは少々高めだが、食べ物は良心価格だ。

以上、ビアバー「Druggists」に関する備忘録。

https://www.facebook.com/DruggistsSG
関連コンテンツ