タイトル上広告

2019年のGW期間中はマーライオン(英語表記:Merlion)は整備休暇

ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
シンガポール情報はここから

今年のGW期間中 マーライオンが整備休暇 記念撮影不可に

シンガポールを代表するアイコンと言えば「マーライオン(英語表記:Merlion)」だ。
マーライオンのある「マーライオン・パーク」は連日世界中から訪れる観光客で賑わっている。

このマーライオン、毎年定期メンテナンスが実施されており、その間は作業のための足場や囲いに覆われるため、外からほとんど見れらなくなってしまう。
夜間であればこの写真のように多少透けて見られるのだが…。

2019年1月25日、STB(シンガポール観光局)は2月26日から5月6日までの69日間のメンテナンス工事が実施されることを公表した。
期間は約3ヶ月と近年では長めの工事となる。

https://guides-online.yoursingapore.com/tgls/viewBulletins1.jsp?pager.offset=0#bulletin657

日本は今年は新天皇即位の休日もあって前代未聞の10連休(4月27日から5月6日)となっており、多くの観光客がシンガポールを訪れることになると思うが、その間は残念ながらマーライオンを見ることはできなそうだ。
STBもわざわざ日本の長期連休に合わせてメンテナンスしなくても…と思わないでもない。

さすがに悪いと思ったのかSTBのリリースには「子マーライオンは撮影できるよ!」旨のフォローが。
子マーライオンとはマーライオンの後ろに設置されているこいつのことだ。

コレジャナイ感が多少あるが、立派な公式マーライオンなのである。
ちなみに整備工事期間中に子マーライオンの写真を撮ると、後ろにはこんな感じで親マーライオンのもの悲しげな後ろ姿が写り込んだりもする。

GW期間中に日本から来る観光客にとっては不運な限りの話なのだが、「シンガポール行ったのにマーライオン見られなかったよ!w」というのも土産話のネタになるかと思う。

それにシンガポール島内には他にもマーライオンがあるので、それを見に行くのも一興かと思う。
セントーサのマーライオンはこんな感じだ。

少々愛嬌がないが、雄々しくなかなかに立派だ。
…多少コレジャナイ感があるが。

以上、今年のGWはマーライオンが整備期間中という備忘録。

関連コンテンツ