スポンサーリンク

Macbook ProのSSDを大容量化「JetDrive 825 (820)」レビュー

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

スポンサーリンク

Macbook ProのSSDを「JetDrive 825」で換装して大容量化レビュー

MacBook ProのSSD

筆者のメインPC「MacBook Pro (Late 2013)」の13インチモデルは、購入から4年経ったものの未だに快適に使えている。
現行のMacBookも気にならないわけではないのだが、どうにもインターフェイスが少ないのが頂けない。
特にUSBポートAコネクタが全廃され、typeCのみになっているのが不便そうで仕方がない。
将来的には勿論typeCに世の中は移行していくのだろうが、それはずいぶん先のように思う。

そんなワケもあって、まだまだ長く付き合うつもりの愛機「MacBook Pro (Late 2013)」だが、唯一の不満が128GBというSSDの容量。
これまでは128GBでもデータをクラウドやNasに逃がして、本体側に余計なデータが残らないようにしていたのだが、Lightroomで大量の写真を現像する際などは流石にこの容量では手狭になってきた。

そこで以前からSSDの換装をしようとは思っていたのだが、サードパーティからなかなか良いSSDが発売されず、どうにもならない状況が続いていた。
OWCから「Aura Pro X」というSSDが以前から発売されているのだが、これがネットのレビューを読む限り評判がすこぶる悪い。
SSDの発熱が酷く、速度も特に書き込みにおいてオリジナルのSSDよりも遅くなるとの指摘が多かった。

Transcend製SSD「JetDrive820 / 825」

その状況が変わったのは2017年9月にTranscendがMacBook向けのPCIe Gen 3.0インターフェース対応SSD「JetDrive820」を発売してからだ。

対応しているMacのモデルは下記になる。
Macbook Proだけではなく、Macbook AirやMac Pro、Mac miniにも対応している。

MacBook Air11″ & 13″Mid 2013 – 2017MacBook Air 6,1 / 6,2 / 7,1 / 7,2
MacBook Pro (Retina)13″ & 15″Late 2013 – Mid 2015MacBook Pro 11,1 / 11,2 / 11,3 / 11,4 / 11,5 / 12,1
Mac miniLate 2014Mac mini 7,1
Mac ProLate 2013Mac Pro 6,1

幸いなことに筆者のMacBookにも対応しており、Transcendならば品質面も安心だ。
ラインナップは、TS240GJDM820(240GB)、TS480GJDM820(480GB)、TS960GJDM820(960GB)の3モデルとなっている。

「JetDrive825」と「JetDrive820」の違い

また、2018年2月には「JetDrive820」にThunderbolt対応のアルミケースが付属した「JetDrive825」も発売された。

「JetDrive820」と「JetDrive825」の違いは上記のようにThunderbolt対応の外付けケースの有無だ。
SSD自体は全く同一の製品となる。
これによりSSDを交換した後も、元々Macに搭載されていたSSDは高速外付けドライブとして活用できるので、古いSSDを活用したい人にはもってこいだ

というワケで早速「JetDrive820」の480GB版を購入して、SSDの換装を行ってみたので、そのレビューだ。

SSDの換装作業


JetDrive820」は筆者のMacBook ProのSSD換装作業に必要なマニュアルや特殊ドライバーもセットになっている。
特に難しい作業もないので添付のマニュアルや、YouTubeの動画などを参考に作業をすれば問題ない。

How to Upgrade the SSD into a 13-inch MacBook Pro with Retina display (Mid 2013 – Mid 2015)

基本的にはねじを外して裏蓋を取った状況。
4年物の割には中もファンも汚れていなくて一安心。

あとは安全のためにバッテリーと基板の接続部を外して、SSD本体を交換するだけ。
筆者の場合は交換作業自体は15分程度だった。
オリジナルのSSDはSandisk製。

「JetDrive 825 / 820」の実力

交換前後のベンチマークはこの通り。

速度比較

交換前(Sandisk製SSD)

交換後(JetDrive825/820)

SSDの速度はWriteもReadもほぼ同等の結果となった。正直一安心。

Speed TestWriteRead
Before Upgrade (Sandisk)612.7MB/s693.0MB/s
After Upgrade  (Jetdrive820/825)601.4MB/s704.5MB/s

発熱比較

Lightroomで写真の書き出しを30分行ったときのSSDの温度を比較した。

交換前(Sandisk製SSD)

「TG Pro」で測定した結果では最高で61℃という結果に。

交換後(JetDrive825/820)

交換後のSSD温度の測定は、何故か「TG Pro」にSSDの温度が表示されなくなったため、TranscendのSSDツール「Jetdrive Tool Box」で確認した。
結果は63℃と速度と同様にオリジナルと同等の結果となった。

Heat TestTemperature
Before Upgrade (Sandisk)61℃
After Upgrade  (Jetdrive825/820)63℃

お勧めできるSSD「JetDrive 820 / JetDrive 825」

結果的に「JetDrive820 / JetDrive825」は純正SSDと同等のスペックだと言えると思う。
これまでのところ換装後もトラブルなくMacBook Proを使えており、非常に満足度が高い。
これであと10年は戦える…無理か。


嗚呼、容量に余裕があって広いって素晴らしい。
まるで自由を得た気分だ。
最初にこの記事を執筆してから4ヶ月が過ぎたが、未だに問題なく使えていることを付け加えておく。

そんなワケでMacbookの容量に悩んでいる諸氏には「JetDrive820/825」がイチオシだ。

最後に

この記事は以前のJetDrive820の記事をJetDrive825の発売を受けてアップデートした記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました