iPad Air 第5世代|おすすめケースと保護ガラス、保護フィルム【レビュー】

スポンサーリンク

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

スポンサーリンク

【最新】iPad Air 第5世代|おすすめケースと保護ガラス、保護フィルム

2022年3月18日発売となった「iPad Air 5」。
M1チップ搭載によりCPUは第4世代のiPad Airと比較して60%、GPUは2倍と圧倒的な速さとなっている。
さらに搭載メモリも4GBから8GBに増えており、4Kビデオストリームの編集、高速なグラフィックス処理が要求されるゲームや3Dアプリなどを快適に操作できる。
またセルラーモデルは5Gに対応しており、最新のタブレットに要求される仕様は全て盛り込まれている。

価格はWi-Fiモデルで74,800円(税込)から、セルラーモデルが92,800円(税込)から。
ストレージは64GBおよび256GB、カラーバリエーションはグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーとなっている。
前モデルからTouch ID搭載、第2世代Apple Pencil、Magic Keyboard、Smart Folio Keyboard対応は引き継いでおり、互換性があるのでアクセサリはそのまま使える。

Apple Pencil(第2世代)
Apple(アップル)
¥15,286(2022/04/18 13:39時点)

iPad Pro(11インチ)、Air(第4世代)、Air(第5世代)の仕様比較は以下の通り。

11インチiPad Pro

(第3世代)

iPad Air

(第4世代)

iPad Air

(第5世代)

カラースペースグレイ、シルバースペースグレイ、シルバー、ローズゴールド、スカイブルー、グリーンスペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルー
価格
Wi-Fiモデル
94,800円(税込)〜
Wi-Fi + Cellularモデル
112,800円(税込)〜
Wi-Fiモデル
69,080円(税込)〜
Wi-Fi + Cellularモデル
87,780円(税込)〜
Wi-Fiモデル
74,800円(税込)〜
Wi-Fi + Cellularモデル
92,800円(税込)〜
ディスプレイ11インチLiquid Retinaディスプレイ ProMotionテクノロジーとTrue Tone
10.9インチLiquid Retina ディスプレイ True Tone
10.9インチLiquid Retina ディスプレイ True Tone
CPU次世代のNeural Engineを搭載したM1チップNeural Engineを搭載したA14 Bionicチップ次世代のNeural Engineを搭載したM1チップ
ストレージ最大2TB最大256GB256GB
バックカメラ12MP広角カメラと10MP超広角カメラ12MP広角カメラ12MP広角カメラ
フロントカメラ12MPTrueDepthカメラシステム(超広角カメラ搭載)7MPFaceTime

HDカメラ

7MPFaceTime

HDカメラ

インターフェースThunderbolt / USB 4対応のUSB-CコネクタUSB-CコネクタUSB-Cコネクタ
Cellular5G対応4G対応5G対応
Apple Pencil第2世代に対応第2世代に対応第2世代に対応
外付けキーボードMagic Keyboardと
Smart Keyboard Folioに対応
Magic Keyboardと
Smart Keyboard Folioに対応
Magic Keyboardと
Smart Keyboard Folioに対応
センサー
Face ID
LiDARスキャナ
Touch ID
Touch ID

さて今回の記事は、筆者がiPad Airの購入にあたって用意したケースと保護フィルムの紹介だ。

【レビュー】Apple Pencil2にも対応した三つ折りスタンド式のカバー・ケース

長らくiPadの保護ケースには三つ折りスタンド式のものを使ってきた。
今回も同様のケースを購入することにしたのだが、Apple Pencil2の充電ができるタイプということでこのカバーを購入した。

PUレザーで仕上げられたケースの蓋は高級感があり、裏のインナーにはマイクロファイバーが貼られスクリーンに傷が入らないように保護をしている。
薄型の半透明PCカバーで本体の背面を覆う構造で、iPad全体を包み込むように保護しており、高い安心感がある。
もちろんカバーを開ける閉めることで電源自動的にオン・オフする「オートスリーブ機能」にも対応している。

正面の蓋にはマグネットが内蔵されており、バッグに入れていても勝手に開けることがない構造になっている。
また、カバーを三つ折りにして立てることもでき、動画の視聴などにも便利だ。

カバーの成型もしっかりしており、このようにTouch ID搭載が搭載された電源スイッチや、小さなスピーカーの穴とカバーの間にズレなどもない。

カメラ周辺部はレンズよりもわずかにカバーが出っ張るように設計されていて、デスクの上においてもレンズに直接接触しないようになっている。
この商品、価格の割には作りも仕様もしっかりしており、比較的軽量で、総合的にコスパの良いカバーなのでお勧めだ。

【レビュー】失敗なし!ガイドフレーム付き保護フィルム・ガイドフィルム

筆者が以前からiPadに使っている保護フィルムはこの商品だ。

保護フィルムとしての機能はもちろん高いのだが、ガイドフレームが付属しているので、フィルムをスクリーンからズレて貼ってしまう心配がないのだ。
今回もiPad本体にぴったり合うガイドフレームが用意されていて、筆者も一発でズレなく貼ることができた。
ヘラ、クリーニングクロス、ホコリ取りシールが同梱されており、必要なものは全て揃っていてコスパの良い商品だ。

ガラスフィルムの9H硬度、指紋防止コーティングで指紋が付着しにくく指触りも滑らかだ。
iPad画面の精細さも損なわい高透過率となっている。
またラウンドエッジ加工を施されているので、ガラスの縁で引っかかることもない。
貼り付け面にシリコン皮膜がコーティングされており、接着剤や両面テープを使わずに貼り付け可能で貼り直しも問題ない。
今まで使っていたiPadにもこの商品を使い続けており、筆者お気に入りの商品だ。

薄型のガラスフィルムは高感度タッチも実現しており、Apple pencilを使った書き味にもストレスを特に感じることはない。

Apple Pencil(第2世代)
Apple(アップル)
¥15,286(2022/04/18 13:39時点)

絵描きさん向けにはペーパーライクの保護フィルムがおすすめ

もし、iPad Airをお絵かき・イラストツールとして主に使うのであれば、書き味重視でペーパーライクの保護フィルムが選択肢となる。
ペーパーライクフィルムは特殊加工により滑りにくく、線がスムーズに引ける紙に近い描き心地を実現できるフィルムだ。

今回紹介する定番の「PCフィルター専門工房」のペーパーライクフィルムは、反射防止・指紋防止・傷防止があり、アンチグレア加工によって映り込みがなく、絵描き作業がし易くなっているのでお勧めだ。
フィルムには硬度3Hのハードコート加工が施されており、フィルム表面の傷を防ぐこともできる。

以上、最新「iPad Air 5」のおすすめアクセサリーに関する備忘録。

コメント

タイトルとURLをコピーしました