MacBook Air (M2、2022) ケースの選び方|おすすめ10選

スポンサーリンク

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

新しい「M2チップ」を搭載したMacBook Air(2022年モデル)登場

世界で一番売れているノートPC「MacBook Air」に2022年モデルが登場した。
2020年に発表されたM1チップのパフォーマンスをさらに高めた新しいチップ「M2」を搭載し、デザインも一新された。
前モデルよりも大きな13.6インチのLiquid Retinaディスプレイ、1080p FaceTime HDカメラ、4スピーカーサウンドシステム、バッテリー駆動時間18時間、そしてMagSafe充電も備えている。
カラーバリエーションも新しくなり、シルバー、スペースグレイ、ミッドナイト、スターライトの4色が用意されている。

MacBook Air(M2、2022)の驚異的なスペック

この新しいMacBook Airに搭載されたM2は、前モデルのMシリーズチップの第2世代目にあたる。
M1の驚異的な性能をさらに進化させたチップだ。
M2は、性能コアと効率コアがどちらも進化した次世代8コアCPUであり、GPUも8コアだったM1より2つ増え最大10コアとなっている。
また、100GB/sの帯域幅を持ったユニファイドメモリを最大24GB搭載可能だ。
これにより前モデル同様にファンレスでありながら、規格外のパフォーマンスを実現している。


さて、この素晴らしい新しいMacBook Airだが、傷つけることなく安心して愛用するには、ケースなどのアクセサリーは必須だ。

大事なMacBookを守る、自分に合ったケースを選ぼう

新しいMacBook Airはその図抜けたデザインと機能によって多くの人々の心を射止めているが、「この美しいボディを保護ケースで覆ってしまうなんて」…という人もいるかと思う。
悪いことは言わない。水やホコリ、衝撃からMacBook Airを守るケースは絶対に購入しよう。

持ち運びが多いノートPCであるので、当然持ち運び時に落下や衝突で衝撃を与えて破損させてしまうこともあり得るし、使っているうちに小傷も増えていくものだ。
持ち運ぶことが少ない場合でも、ホコリや落下のリスクとは無縁ではない。
それらをできるだけ避け、美しいままMacBook Airを使い続けるためにも保護ケースは必須だ。
それにケースにも様々なタイプがあり、MacBookのデザイン性を損なわないもの、ケース自体のデザインがよいものも多く、MacBook Airのアクセサリーは選択肢が非常に多いのも特徴だ。
きっと気に入るケースがあるはずだ。

ケースの種類について

大きく分けてケースは3種類に分けられる。
スリーブケース(インナーケース)、バッグタイプ、カバーケース(シェルケース)だ。

スリーブケース(インナーケース)タイプ

スリーブケース(インナーケース)タイプは、最もシンプルなケースで、これにMacBookを入れてそのままカバンやバッグの中に入れて持ち運ぶことが多い。
あくまでバッグの中でのキズ付き防止が目的なので、比較的クッション性は低く持ち手がないものがほとんどだ。
MacBook以外にもいろいろと荷物を持ち歩くことが多い場合はこのケースがおすすめだ。

バッグタイプ

バッグタイプは所謂PCバッグタイプで、持ち手やショルダーベルトもあり、大型ポケットがついているものが多いので、周辺機器を多く持ち歩くのであれば、このタイプ一択だ。また、クッション性や耐衝撃性に優れたものが豊富なので、それらを重視するのであれば有力な選択肢になる。

カバーケース(シェルケース)タイプ

カバーケース(シェルケース)はMacBookを全体覆い保護するタイプだ。デザイン性に優れたもの多く、透明タイプであればMacBookの素晴らしいデザインを損なうことなく本体を保護することができる。基本的にこのケースはつけっぱなしで使用するので、確実に傷や汚れから守れるのだが、デメリットとして本体の放熱を阻害することもあるので、負荷の高い処理を長時間するような場合は注意が必要だ。

おすすめケース10選

コメント

タイトルとURLをコピーしました