スポンサーリンク

MacBook Air 2019に必須!「保護フィルム」と「保護ケース」

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

スポンサーリンク

MacBook Air 2019に必須の保護フィルムと保護ケース

先日購入したMacBook Airは快調・快適そのもので、毎日のように持ち歩いている。
一時期iPad Proをキーボードアクセサリー付きで持ち歩きいていたのだが、やはり作業性に難があり、結局は重いMacbook Proの持ち歩きに戻ってしまった。

今回Airに買い替えて思ったことは、やはり1.25Kgという軽さは代えがたいということだ。
このくらいの重さでないと持って歩くのが億劫になってしまうのだ。
さて、今回はそんなお気に入りのAirを購入して早々に購入したアクセサリーを紹介する。

MacBook Airを買ったらまずはディスプレイ保護フィルムを

まずは「ディスプレイ保護フィルム」だ。
筆者も以前は「MacBookの美しいディスプレイにフィルムを貼るなんて嫌だ!」と思っていたのだが、今ではすっかり宗旨替えして、フィルム必須派になってしまった。
これというのも、これまで使っていたProで何度もディスプレイのコーティング剥がれトラブルに遭ってきたからだ。
その度にディスプレイを丸ごと交換する羽目になっていた。

MacBookはProでもAirでも、本体を閉じた際のディスプレイとキーボードの隙間が非常に小さい。
そのため、ディスプレイとキーボードが接触し、その摩擦でコーティングにキズや剥がれが生じ、それが徐々に広がっていくことがあるのだ。
多くのコーティング剥がれトラブルは、アルコールを使ってディスプレイを拭いたことが原因だが、それをしなくても上記のような理由で剥がれることがある。
特にMacBookを持ち歩く機会が多い場合、本体を閉じた状態で運ぶことになるので、さらにリスクは高くなる。
最近のコーティングは随分と強化されているが、それでも危険性はある。
精神衛生の観点からも筆者は保護フィルムの貼り付けをお勧めする。

残念なことに新しいMacBook Airもディスプレイとキーボードの接触は避けられず、このようにくっきりと痕が付く。
この場合はキズではなく、キーについた汗などが画面に付着したものだ。
MacBookを買ったら、画面が綺麗なうちに早めに保護フィルムを貼ることをお勧めする。

今回筆者が購入した保護フィルムは、エレコム製の「EF-MBAR13FLTG」だ。
ノンブランドからブランド物まで、いろいろとフィルムを試してきたのだが、最終的に行き着いたのはこれだ。

とにかく貼りやすいフィルムだ。
保護フィルムの他にホコリ取りシール、クリーニングクロス、ヘラも付属するので貼り付け作業に必要な道具は一通り揃っている。

位置合わせもフィルムのサイズがディスプレイよりも1ミリほど小さくなっているため、はみ出して貼り付けてしまうことはまずない。


また、貼った後の空気抜きや埃取りもやすく、ストレスの原因となるそれらを入れずに貼り付け作業を終えることができた。

感じ方には個人差はあると思うが、可視光線透過率が92.5%ということもあって、色味も元のディスプレイの性能を損なっていない。
多少反射が増した感じはあるが、問題になるレベルではない。
反射が気になる場合は「反射防止タイプ」があるので、それを購入すれば良いかと思う。

MacBook Airの保護ケースはスリーブケースタイプで決まり

せっかく薄型軽量のMacBook Airを買ったのであれば、保護ケースもそれに見合ったものにしたいところだ。
筆者の場合、クッション性よりも可搬性やデザインを重視して、このような薄型のスリーブケースタイプのものを愛用している。


それなりクッション性もあり、何よりも嵩張らないのが良い。
サイドにポケットがあるので、そこにケーブルなどを入れることもできる。


MacBook Airのサイズにもぴったりで、普段はこのスリーブケースに入れて持ち歩いている。
せっかく購入したMacBook、美しいボディを損なうことなくできるだけ長く使いたいものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました